«

»

行動的

先生は駅まで送ってくださった。
駅に着いたのは発車2分前だった。
次の電車まで30分あることも知っていた。
僕は駅員さんへのサポート依頼を断念して飛び乗った。
行動的なのか無謀なのか、そんな部分が僕にはあるようだ。
数年ぶりに訪れた滋賀県の中学校、
生徒達はしっかりと話を聞いてくれた。
未来への種蒔きができたような気がした。
滅多に乗ることのない草津線の電車の中で僕は充実感と一緒にくつろいだ。
電車が草津駅に到着して琵琶湖線に乗り換えなければいけなかったが、
通行人のサポートを受けて無事乗り換えられた。
電車が山科駅に近づいて降りる準備を始めた。
進行方向を確認できていなかったことに気づいた。
乗っている電車がどちらに向かって動いているのか、
画像がないとなかなか判らない。
全盲でも確認が上手な人もおられるが僕は苦手だ。
「次の駅は右側のドアが開きます。」
などのアナウンスを利用して方向を確認しているのが日常だ。
その確認をしていなかったのだ。
山科駅に電車が到着した。
一か八かで決めたドアと反対側が開いた。
気づいた女性が咄嗟に手引きして降車口まで連れて行ってくださった。
なんとか間に合った。
僕はお礼もちゃんと言えなかったがポケットのありがとうカードだけは渡せた。
いつも胸ポケットに入れているのが功を奏した。
山科駅でのJRから地下鉄への乗り換えも失敗した。
途中でどちらに動いたらいいか分からなくなってしまった。
年に数えるほどしか利用しない駅なのだから仕方ない。
地図が頭に入っていないのだ。
「地下鉄の駅を教えてください。」
足音は一発で止まった。
二人連れの女性が地下鉄の駅の改札口まで連れて行ってくださった。
僕はまったく違う方向に行っていたようだった。
「助かりました。ありがとうございました。」
僕はまたありがとうカードを渡した。
「うれしい。大事にします。」
彼女たちは微笑んだ。
それを聞いて僕は更にうれしくなった。
無謀の先に幸せがあった。
心と心が触れ合った。
こんなことがあるから行動的になってしまうのだろうな。
妙に納得しながら地下鉄に乗車した。
(2019年2月21日)