マグマ

カイロを使うことは滅多になかった。
あまり好きではなかったのかもしれない。
寒い日の研修の時に学生からマグマという名称のカイロを紹介された。
温度が高く設定されていると触らせてくれた。
確かに熱いくらいにあたたかかった。
ネーミングもインパクトがあってすぐに憶えた。
別の買い物でドラッグストアに立ち寄った時にたまたまマグマを見つけた。
雪の日だけ使おうと思って10個パックをひとつだけ買った。
けちんぼの僕が使い捨てのものを買うのはとても珍しいことだと思う。
しかも他よりちょっとお高めのプライスだ。
よっぽど何か魅かれてしまったのだろう。
雪の散らついた日にひとつだけポケットに入れて出かけた。
次の時から左右のポケットに入るようになった。
天気予報が朝の気温が5度以下の日は持つようになった。
結局毎日使うようになった。
とりこになるってこんなことを言うのだろう。
最近は貼るタイプのものを背中にひとつ貼るということも覚えた。
朝の身支度のひとつになってしまった。
毎日3個使うのだから結構な消費量だ。
計算をするとつい悔しくなるがもう手放せない。
帰宅してまだあったかいカイロを捨てることができない。
もったいないと思ってしまう。
寝る時に一緒に布団に入っている。
これだけ使えば元をとれるとわけのわからない納得もしている。
その納得に健気さまで感じてしまう。
まあいいか。
あたたかいのは幸せ気分ってことかな。
(2022年1月27日)

変なお礼

角を曲がってから30メートルくらい歩けば点字ブロックがある。
バス停の目印の点字ブロックだ。
そこを超えて直進、路面のコンクリートの感じが少し変化した場所が橋だ。
橋を渡ったら運動公園の側壁の壁と路面を白杖で交互に触りながら歩く。
そこが終われば植え込みがある。
植え込みの間の細い路地を進むと点字ブロックだ。
この点字ブロックも曲がりながら緩やかな下り坂となって横断歩道につながる。
そこでピヨピヨとカッコウの信号の音を聞き分ける。
どちらが鳴っているか確認するのは意外と難しい。
確認が終わると次のカッコウが鳴き始めたと同時にスタートする。
急がずに同じスピードで歩くのがコツだ。
左折右折のエンジン音が聞こえるがそれに惑わされると方向を誤る。
こうして一応の地図が頭の中にある。
ところがこれを逆のコースで歩くとつい迷子になってしまう。
植え込みの間の路地近辺が難しい。
悔しいけどまた迷ってしまった。
「迷ったはんの?」
おばあちゃんの声がした。
「境谷のバス停の方に行くんか?」
彼女は僕の進みたい方向を確かめるとひじを貸してくださった。
僕達はゆっくりと歩き始めた。
方向を確認できたところから一人で歩こうとしたが、
バス停までは一緒に行くとおっしゃった。
「今年の冬は寒いなぁ。コロナで出かけられんのも辛いわ。
私らは残りの日数が少ないんだからもったいない。」
彼女は笑いを交えながら歩いてくださった。
バス停に到着した。
「松永さんやなぁ。知ってるで。」
別れ際に彼女は笑っておっしゃった。
突然恥ずかしくなった。
白杖のプロが迷っているのを見られていたのだ。
「頑張ります!」
僕は変なお礼を伝えてまた歩き始めた。
「頑張りや。」
彼女の大きな笑顔の声のエールが後ろから僕をあたたかく包んでくれた。
僕の背筋が自然に伸びていた。
さりげなく誰かの力になる。
僕もそんな人になりたいなと今更ながら思った。
(2022年1月21日)

研修

二日間の研修が無事終了した。
研修参加者が全国規模なので今年度はzoomでの開催となった。
ちなみに昨年度はコロナの影響で中止だった。
対面での研修が望ましいのは分かっているが仕方ない。
中止するのか、zoomでの開催とするのか、苦渋の選択だった。
zoom開催であっても主催者側の関係者は集まらなければいけない。
東京からも岐阜からも京都まで来て頂いた。
僕も早朝から終日の運営に関わった。
結構ハードな二日間だったと思う。
少しの疲労を感じながら研修参加者の最後のコメントを拝聴した。
なんとかやれたなという実感が少しずつ染み込んでいった。
「ホームページ、たまに覗いていますよ。」
仲間からのさりげないエールには胸が熱くなった。
それぞれの地域で生きている仲間の姿が僕自身を勇気づけてくれる。
助けられているなと感じた。
関係者の皆さんにご苦労様を伝えて帰路についた。
バス、電車、バスと乗り継いで帰るのだ。
1時間半くらいはかかるし、電車も立ったままというのが通常だ。
いつもの駅のホームに電車が入ってきた。
僕は電車の車体を白杖で触って右に動こうとした。
「左です。」
左側のドアが近いのを教えてくださる声が聞こえた。
僕は左に動いて乗降口を探して乗車した。
入り口の手すりを握ろうとしている僕にさきほどの声が続いた。
「お座りになられますか?」
僕は勿論喜んで座らせてもらった。
「ありがとうございました。助かりました。」
一瞬の出来事でそれだけ言うので精一杯だった。
ありがとうカードを渡すこともできなかった。
神様が頑張ったご褒美をくださったような気がした。
そしてまた二日間の研修のことを思い出していた。
同じ未来に向かってそれぞれが頑張っていく。
僕もその一人でありたいと強く願った。
(2022年1月17日)

無事終了

大学での今年度最後の講義だった。
無事終えることができた。
友人がコロナの濃厚接触者になってしまって欠席した学生もいた。
振り返れば大変な一年だった。
緊急事態宣言の時にはオンラインでの講義となってしまったし、
対面の講義でもディスタンスに気を配った。
消毒、換気、違う条件での日々だった。
せっかくの学校生活、学生達もきっと残念だっただろう。
僕の中にも悔しい思いはある。
それでもできる範囲で頑張った。
どうにもならないことと向かい合いながら希望を失わない。
それはまさに、見えない僕が生きていくということと重なるのかもしれない。
学生たちが最後に提出したレポートには感謝の言葉が綴られていた。
学べたことへの喜びがあった。
これからの社会がどうなっていくのか、僕にはまったく分からない。
それぞれが豊かな人生を歩いて欲しいと心から願う。
(2022年1月14日)

ジョンディーコンのこと

「あなたの願いが叶いますように。
気をつけて過ごしてくださいね。
神の御加護を。」
誕生日に届いたジョンディーコンからのメッセージだ。
ジョンディーコンはフィリピンのセブで暮らしている小学生だ。
日本の制度では中学生ということになるのだろう。
便利な時代で関係者がビデオメッセージを届けてくださる。
十数年前、海外赴任でセブで生活していた日本人の人達がセブの子供達と出会った。
子供達は貧困で学校にも行けないという環境の中にいた。
教育の機会をプレゼントするというささやかな活動がスタートしたのだ。
活動はたくさんの人達の共感につながっていった。
現在では数十人の子供達が学校に通っている。
大学生もいる。
視覚障害の僕は日常たくさんの人に支えられて生きている。
僕にできる社会への恩返しを探していた頃、この団体の存在を知った。
この活動がフィリピンの国や社会状況を劇的に変化させるということはできない。
でも、教育が人生を豊かにしてくれるのは間違いないことだ。
そういう人が一人でも増えればそれでいいと思っている。
この団体が10年目を迎えた時に一度だけセブに出かけたことがある。
ジョンディーコンの家を訪問して彼と直接話をした。
山道をよじ登った場所に家らしきものが並んでいた。
6畳もないくらいの部屋に家族6人が暮らしていた。
台所もトイレもなかった。
僕はその環境に愕然とした。
ただ、家族や近所の人たちが笑顔だったのがとても印象的だった。
不思議だった。
僕達の国は幸せの本当の意味を少し間違えてしまったのかもしれないとさえ感じた。
「将来、何になりたいの?」
僕はジョンディーコンに尋ねた。
「ドクター。」
優秀な成績の彼ははっきりと答えた。
笑顔だった。
明日の食事さえ不安定なはずなのに笑顔だった。
僕にできるささやかな活動、しっかりと続けたいと思った瞬間だった。
ジョンディーコンが大学を卒業するまでは支援を続けたいと思った。
最近のセブはコロナに加えて大きな台風にも見舞われたらしい。
飲料水の確保にも困難とのことだ。
ジョンディーコンのメッセージにはいつも恨みつらみの言葉はない。
そして、神様への感謝の言葉がある。
特別な信仰のない僕にはそれがとても輝いている。
支援しているようで支援されているのかもしれない。
この星で出会った人間同士、感謝して生きていきたい。

☆この活動に興味のある方は、このホームページ内のリンクをご利用ください。
04 NPO法人 イロイ・メモリアル・スカラーシップ(EMS)

(2022年1月9日)

高齢者

昭和32年1月5日、阿久根でも雪が散らつく寒い日だったらしい。
超未熟児で生まれた僕の生存を信じた人はほとんどいなかった。
産婆さんと両親だけがあきらめなかったのだろう。
暖房器具などの電化製品はまだ社会にはなかった。
発明されたばかりの保育器は鹿児島県の田舎には届いていなかった。
親父はせっせとお湯を沸かして湯たんぽをいくつも僕の布団に入れてくれたらしい。
そのお湯もマキで火をおこしての時代だ。
生命力が強かったのだろう。
それから65年目の日を僕は今日無事に迎えることができた。
いよいよ高齢者だ。
高齢者にはなりたくないと思っていたのだが、なってみて驚いた。
喜びが込み上げてきた。
これまで味わったことのない幸福感のような気がする。
65年の間にはそれなりにいろいろあったのだと思う。
それでもとりあえず元気で今生きている。
うれしくてたまらない。
人生をスタートさせてくれた両親にもあらためて感謝だ。
そして、出会ったすべての人に心から感謝します。
ありがとうございます。
本当にありがとうございます。
そしてまた、笑顔で高齢者の人生を歩いていこうと思います。
(2022年1月5日)

雪灯篭

視覚障害の友人から届いたメールには雪灯篭のことが書いてあった。
積もった雪をバケツに入れて固めて二つつなげるらしい。
その片方をくりぬいてそこにロウソクを立てるのだ。
雪景色の中でのロウソクの明かり、想像しただけで引き込まれていく。
凛とした空気の中でロウソクの炎が静かに揺れる。
美しさの極限だ。
ふと、22歳の冬を思い出した。
同居していた男友達と横手のかまくらを見に行ったことがある。
泊まるところもなくお金もなかった。
それでも友達は突然言い出した僕のわがままに付き合ってくれた。
当時は夜の鈍行列車があったので実現できたのだろう。
僕達は夜の横手を歩きながら、かまくらのロウソクの明かりに目を奪われた。
心を奪われた。
その景色は僕の人生のアルバムの大切な一枚となっている。
今年、その友達はこの世を去った。
今年はたくさんの訃報に接した一年だったと思う。
青春時代の友人、見えて働いていた頃の同僚、見えなくなってから出会った仲間、先
輩、ボランティアの方・・・。
もう会えなくなった人達は皆やさしい思い出の中にいる。
楽しかったことばかりではないはずなのに不思議だ。
数が増えたと感じるのは自分自身が人生の後半を生きているということなのだろう。
そして今年もまた新しい出会いもあった。
それぞれの出会いに心から感謝したい。
それから、このホームページを覗いてくださった皆様にも心から感謝したい。
そして、迎える新しい年を僕らしく生きていきたいと思う。
そんなに数は望まないけれど、アルバムの写真が一枚でも増えればと願う。
(2021年12月31日)

ちょっとワクワクしながら目が覚める。
上着をはおってベランダに出る。
靴下をはいていない足がスリッパの中で泣きそうになっている。
それでもそのまま数歩進。
それからベランダの金属の平たい部分にそっと手を触れる。
自然と笑顔がこぼれる。
それから視線を遠くに向ける。
真っ白な世界がそこにある。
予想通りの朝だ。
急いで服を着替えて白杖をにぎって外に出る。
誰も見ていないだろうけど、郵便ポストを確認しに来たふりをする。
少しだけ周囲を歩く。
こんな年になって雪ではしゃぐのは恥ずかしい。
わきあがる幸せをなだめながらまたそっと歩く。
新雪のクッションを足の裏で感じながら歩く。
やっぱり雪が大好きなのだ。
雪景色で頭の中がいっぱいになる。
(2021年12月28日)

大丸の前で

バスを降りて数歩進む。
白杖は自分の身体に並行になるように前に出す。
それを少し斜めにして対角線になるように持っている。
何かにぶつかるために動く時のポーズだ。
ゆっくりとわざとぶつかりに行くのだ。
そうやって目印を探す。
バス停の前には何かの壁みたいなものがあったのを記憶している。
それをキャッチして右に動く。
壁が終わった場所からまっすぐに歩道を横切る。
人波を横切るからゆっくりと慎重に進む。
足の裏が上り坂を感じたらそこがゴールだ。
大丸デパートの入り口ということになる。
そこで待ち合わせの人がくるまでの時間を過ごす。
YMCAの専門学校は三条柳馬場という京都のほぼど真ん中にある。
そこに向かう道はどこも狭い。
歩車道の分離もなく一方通行で交通量も多い。
昔ながらの京都の街中になる。
だから単独で学校に向かうのは難しい。
ゆっくりと行けば行けるのかもしれないがリスクもあるし時間もかかる。
学校の職員に大丸デパートの前まで迎えにきてもらうことにしている。
帰りは学生達と一緒に帰るということになる。
職員が迎えにきてくれるまでのわずかな時間、僕はこの時間が好きだ。
お地蔵さんみたいに街に溶け込む。
白杖を持ったお地蔵さん、ご利益もなさそうだ。
ただじっと、そしてそっと呼吸をする。
数えきれない足音が右に左に動いていく。
そしてこの時期はクリスマスソングが空から降り注ぐ。
すべてを包み込みながら街を彩っていく。
音景色の中で自然と心があたたかくなっていく。
お地蔵さんがそっと微笑む。
そこに存在していることに感謝する。
平和であることに心から感謝する。
(2021年12月22日)

2021年 活動記録

今年最後の講演は京都市内の中学校だった。
ご挨拶させて頂いた時の校長先生の笑顔が会場に向かう僕を勇気づけてくれた。
僕はしっかりと前を見つめながら会場に入った。
僕の目の前には何もない。
ただ灰色が覆っているだけだ。
それはもう20年以上も変化のない現実だ。
僕はその向こう側の生徒達に向かって一生懸命に語りかけた。
心を込めて語りかけた。
この生徒達が未来を創っていくのだ。
僕は祈りながら話をした。
講演の後、代表の生徒が挨拶をしてくれた。
自分自身で紡いでくれた言葉にはやさしさがあった。
僕はうれしかった。
生徒にありがとうと言ってから僕は今年のマイクを置いた。
コロナの影響なのか例年よりは活動が制限されたような気がする。
それでも僕なりに頑張った。
頑張れたのは一緒に未来を考えてくださる人達がいたからだ。
機会をくださった皆様に心から感謝申し上げます。

2021年 講演活動記録

小学校 13校
下鳥羽小学校、嵐山東小学校、元町小学校、松陽小学校、樫原小学校、桂東小学校、
同志社小学校、梅小路小学校、嵯峨野小学校、高倉小学校、御所東小学校、祥栄小学
校、葛野小学校

中学校 9校
城陽中学校(城陽市)、洛西中学校、西宇治中学校(宇治市)、西小倉中学校(宇治市)、
南宇治中学校(宇治市)、双ヶ丘中学校、槙島中学校(宇治市)、凌風小中学校、向島東
中学校

高校 8校
枚方なぎさ高校(大阪府)、潤徳女子高校(東京都)、長尾谷高校、京都海洋高校(宮津
市)、春日丘高校(大阪府)、川内高校(鹿児島県)、嵯峨野高校、同志社高校

専門学校 6校
京都YMCA国際福祉専門学校、大阪医療福祉専門学校(大阪府)、京都消防学校、京都福
祉専門学校、京都桂看護専門学校、京都文化医療専門学校

大学 3校
龍谷大学、四天王寺大学(大阪府)、同志社女子大学

その他・一般講演
同行援護研修など

街中でありがとうカードを受け取ってくださった人 100人くらい

すべて合計すれば、
未来に向かって蒔いた種 1万粒くらい

(2021年12月17日)