«

»

小春日和

落ち葉を踏みながら歩く。
足裏の感覚も微かな音もうれしくなる。
楽しくなる。
黄色や赤色を思い出す。
自然に「もみじ」の童謡の歌詞とメロディィが頭の中で蘇る。
心の中で口ずさみながら歩く。
また足裏が秋を見つけた。
そっとかがんで触ってみたらやっぱりどんぐりだった。
頭の中の音楽が「どんぐりころころ」に変わる。
風さえ愛おしく感じる。
のんびりとした時間、やっぱり必要だな。
空を眺めて深呼吸したら何故だか涙がこぼれた。
(2019年11月24日)