«

»

視能訓練士の卵

寝坊してしまった。
10時の会議には間に合いそうになかった。
外は雨降り、
学生時代に、仮病による休みという理由を使い果たしている僕は、
仕方なくタクシーを呼んだ。
道は込んでいて、会議にはぎりぎりのセーフだった。
会議の行われたライトハウスは、
一年に一度のお祭りで、
たくさんの人でごった返していた。
会議はスムーズに運び、
予定よりも少し早めに終わった。
僕は、午後の用事までのわずかな時間、ライトハウス祭りを覗くことにした。
館内のサポートをしてくれたのは、
ボランティアで協力してくれている、視能訓練士を目指している専門学校の学生
だった。階段を上って、少し歩いたところで、
「ブログ、毎日読んでいます。どんどん書いてください。」
彼女が突然、耳元でささやいた。
ちょっと疲れを感じていた身体に、
彼女の肘を通して、エネルギーが注がれていくような感じだった。
素直に、うれしかった。
彼女は、きっといつか、眼科のスタッフとなるだろう。
そして、僕の後輩達に出会うだろう。
人間のぬくもりが感じられる医療スタッフになるに違いない。
いつか、現場で白衣を着て活躍している彼女に会いたいと思った。
ライトハウス祭りには、医療だけでなく、
福祉や教育を専攻している学生達もたくさん参加してくれていた。
同じ未来を見つめる仲間達だ。
ありがとう。
そして、それぞれの世界で、がんばれ、卵達!
(2012年10月28日)