«

»

最高の朝

もうすぐバス停かなと思って歩いていたら、
バスのエンジン音が、僕を追い越して、ちょっと先で停まった。
すぐそこがバス停なのだ。
間に合わないかなと思いながら、
それでもほんの少し急ぎ足で歩いたら、
エンジン音は待っていた。
バスに乗車すると、運転手さんがマイクで、
すぐに席が空いていることを教えてくださった。
やっぱり、待っていてくださったのだ。
朝一番の「ありがとうございます!」を声に出して、
座席に座った。
バスが桂駅に着いたら、
「一緒に降りましょうか?」
若い女性の声。
「ありがとうございます。」
肘を持たせてもらって、改札口まで。
ホームでは、僕を見つけた駅員さんが、
乗車のサポートをしてくださった。
烏丸で地下鉄に乗り換えて、
御池で東西線に乗り換えて、
市役所前駅に着いたのは、予定よりも30分以上早かった。
家から目的地まで、計6人の人が手伝ってくださった結果だ。
改札の駅員さんに、
「ここの改札で、人と待ち合わせなのですが、
ちょっと早く着いたので、一番近いコーヒーショップを教えていただきたいので
すが。」駅員さんは、最初、「この点字ブロックを左に・・・。」
説明しようとされたが、
すぐに、「そこまで案内しましょう。」
またまた、楽チンでコーヒーショップへ。
パン屋さんがやっているコーヒーショップ、
何をするでもなく、ただぼぉーっと。
目を閉じたまま、30分間、ただ香りだけを楽しみながら、
そっと流れる音楽を楽しみながら、
至福のひとときを過ごした。
見えなくなって良かったこと、
やさしい人達に出会えることです。
朝、家を出て、目的地までの約1時間、
その間に、駅員さんも含めて、7人の人と交わった。
朝から、7回も、「ありがとうございます。」と言えた。
ありがとうは、言っても、聞いても、幸せの言葉。
ちなみに、8人目は、コーヒーショップのおねえさん。
お店の出口まで案内を頼んだら、
そのまま、改札口まで付き合ってくださった。
最高の朝となった。
そうそう、メニューが判らない僕は、
値段も判らないで、コーヒーを頼む。
今朝のコーヒー、200円!
幸せが、3倍くらいになったかな。
(2013年2月20日)