«

»

ソーラン節

小学校4年生の教科書に、
視覚障害の話が出てくる。
そのせいか、4年生の子供達に見えない世界を伝えて欲しいとの依頼は多い。
今年の秋も、20校くらいからの依頼があった。
4年生、10歳くらいの子供達だ。
見えない世界への興味もあるだろうし、
何より、人間の持つやさしさを、
素直に表現できる年頃だ。
たった1,2時間の話の中で、
子供達はどんどん吸収し、変化していくのが判るからうれしい。
僕の活動の中でも、とても大切なものだと自覚している。
そして、学校にもそれぞれの雰囲気とか個性とかがあり、
それもまた、楽しみのひとつだ。
今日の子供達も、
しっかりと話を聞いてくれた。
「どうやってごはんを食べるのですか?」
「買い物はどうしているのですか?」
「楽しいことってありますか?」
「どうしてサングラスをかけているのですか?」
たくさんの疑問も投げかけてくれた。
僕は、ひとつひとつに、できるだけ丁寧に答えた。
予定の時間はあっという間に過ぎた。
そして最後に、
「松永さんに、みんなの踊りを見てもらいましょう。」
先生は、子供達に向かってそう言われた。
不思議と、松永さんは見えないのになんて言う子供はいなかった。
ソーラン節の音楽が流れ、
子供達の踊りが始まった。
動きの中で、すれる服の音、
息遣い、かけ声・・・。
そして、ひとつになって、僕に伝えようとする足音、
迫力さえ感じた。
100人を越す子供達がひとつになっていた。
学校を出て、バス停に向かう途中、
子供達は何度も僕に向かって、手をふった。
僕も振り返って、手をふった。
バスを待つ間に、
送ってくださった先生と、
豊かな時間だったことを確認し合った。
今日も未来への種蒔きができた。
先生方は、発芽した種に、
また水や肥料を与えてくださるだろう。
そうして、未来につながっていくのだ。
見送ってくださった先生は、
バスに乗車する際、とっさに手伝ってくださった。
ドアが閉まって、
僕のありがとうございますは聞こえなかったのかもしれないが、
また友達が一人増えたような気がした。
そして、さっきのソーラン節が、
頭の中で踊りだした。
(2013年9月28日)