«

»

冬がくる

バス停で待っている僕の目の前を、
赤組の選手が走っていった。
カサカサ、コロコロ、走っていった。
黄組の選手が追いかけた。
こげ茶組の選手は、途中でダンスを始めた。
僕はなんとなく、深呼吸をした。
応援団もガサガサ盛り上がった。
北風が、秋の背中を押していた。
加速度的に押していた。
ふっと、空を見上げた。
今年も、大好きな冬がくるんだな。
コートのポケットに手を突っ込んで、
なぜかうれしくなった。
(2013年11月29日)