«

»

深呼吸します

兵庫県の田舎で暮らす友人からのメール。
「今年は彼岸花の開花が遅いようで、
今朝はまだ蕾が朝露に濡れて太陽に照らされていました。
一年で一番深呼吸をしたくなるこの季節に
稲穂の傍らであぜ道を赤く染めるように咲くこの花が
僕はとても好きなんです。
心地良い、おだやかな貴重な季節を楽しくお元気でお過ごし下さい。」
たったこれだけの文章が、
実った稲穂の銀色、
高く澄んだ青空、
彼岸花の見事な朱色、
そして、この国の、素敵な秋を、
僕に届けてくれた。
友人と言っても、僕はまだ、彼と会ったことはない。
ふとしたことで知り合って、何度かのメールをやりとりしただけだ。
つい先日も、別の友人から、
大阪の街の空で見つけた虹の風景が届いた。
確認できた色を並べてあった。
その文章を読んだ時も、僕は幸せな気持ちになった。
見えないことは、仕方ない。
人間は、あきらめる勇気も、我慢する力も持っている。
だから、見えない日常で、
いちいち落胆なんかしていない。
それなりの喜怒哀楽に包まれた、
それなりの日々が存在している。
でも、こうして、目を貸してくれる人達との交わりは、
見えなくなってから知った、
人間社会の素敵な事実だ。
ひょっとしたら、見えている頃に気づかなかった風景が、
いや、見過ごしていたかもしれない季節の色合いが、
そっと届けられる。
ちょっと贅沢な気分になる。
ラジオの天気予報が、今日の降水確率0%を告げた。
よし、今日はどこかで、両手を広げて、
思いっきり深呼吸しよう。
秋の空を眺めながら、
思いっきり深呼吸しよう。
これを読んでくださっている貴方も、どこかでどうぞ!
(2012年9月27日)