«

»

さわやかな声

打ち合わせなどが遅い時間までなったので、
友人が四条烏丸まで車で送ってくれた。
「いつもの場所」という説明を聞いて、
僕は四条通り西南側をイメージしながら車を降りた。
バス停の前あたりのはずだ。
ところが、何か雰囲気が違った。
バス待ちの人もいないみたいだし、
何より、盲導鈴の音がしない。
駅や公共施設、いろんな場所で、キンコーンと鳴っている音、
あれは、僕達に入り口を教えている音で、
盲導鈴(もうどうれい)という。
しばらく考えて、車が烏丸通り北東側に停車したことに気づいた。
確かに、そこで下車したことも幾度もある。
友人は、僕が車を降りる直前、
和服の女性が何か配っていることを教えてくれていた。
料理屋さんのチラシかなと話していた。
その和服の彼女がいるに違いないと思った僕は、
「阪急電車につながる階段を教えてください。」と声を出した。
近くで返事がして、
着物の袖が手に触れた。
彼女に捕まって、歩き出そうとした瞬間、
「阪急だったら、一緒にいきましょう。」
若い二人連れの女性の声だった。
「お願いします。」
彼女達の手引きで、僕は何の問題もなく駅まで行き、
同じ経路の一人と一緒に電車に乗った。
大阪まで帰る途中の女子大生だった。
僕達は、普通に、とりとめもない話をした。
途中の駅で、ドアが開く時など、彼女はそっとそれを僕に伝えた。
僕は、お礼を言って、桂駅で下車した。
「お気をつけて。」
さわやかな声が、背中でささやいた。
昨日は、午前中の小学校での授業を終えて、
年に数回しか使わない九条駅で迷子になった。
階段を見失ってウロウロし始めた僕に、
「手伝いましょうか?」
若い男性の声だった。
彼は、僕の目的の駅の二つ手前の駅へ向かう途中だった。
彼の手引きで、階段を降り、ホームに着いた。
電車が到着するまでの数分間、
僕達は、とりとめもない話をした。
電車に乗ると、
彼は空いている席に僕を座らせて、
自分が降りる予定の駅まで僕の前で立ったまま過ごした。
ここにも、さりげないやさしさがあった。
「お先に失礼します。お気をつけて。」
彼の声もさわやかだった。
迷子になって、なかなかサポーターを見つけられない日もある。
でも、ほとんどの日、こうしてやさしい人達が助けてくれる。
その度に、僕は幸せになる。
たくさんのやさしさに出会える人生、自然に豊かになっていく。
僕は、見えている頃、見えない人のサポートなんてできなかった。
後悔している。
さわやかな若者達の声、素敵だなと思う。
(2013年3月7日)